トップページ ≫ 資格の種類

いろいろな心理カウンセラー資格

心理カウンセラーの資格が多くて悩むイラスト

心理カウンセラーは、国家資格はございません。心理カウンセラーとして働く場合は、資格がほしい場合、民間の資格を取ることとなります。

ちなみに、臨床心理士という資格も、受験資格などで細かい規定はありますし、大学院を卒業していないと臨床心理士のテスト自体受験することができませんが、民間資格なのです。

心理カウンセラーの民間資格はいろいろな分野に細分化され、ものすごい数になっています。ここではその一部を紹介しています。

メンタル心理カウンセラー資格

JADP認定「メンタル心理カウンセラー資格」は、日本能力推進開発協会指定の教育訓練を修了した者に受験資格が与えられる心理カウンセラー資格で、合格すると「メンタル心理カウンセラー」の資格がもらえます。

在宅試験で比較的簡単に取得できますので最初に取る資格としておすすめです。当サイトで紹介する講座の中ではCCJで受講するのがおすすめです。

メンタルケア心理専門士®

メンタルケア心理専門士は、特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会が認定試験を行い、メンタルケア学術学会と一般財団法人生涯学習開発財団がダブルで認定している民間資格です。この資格は、医療・福祉・教育・産業・公共サービスなどで、相談業務、援助業務および心理カウンセリング、心理療法によるカウンセリング業務ができるということを証明してくれるものです。准メンタルケア心理専門士という比較的難易度の低い資格もあります。

心理カウンセラー資格の中では上級資格で「メンタルケア心理士」か「臨床心理士」を保有してるか心理隣接研究・専攻科修士でなければ受験することができません。

准メンタルケア心理専門士は年4回、在宅試験を実施していて、メンタルケア心理専門士は年2回実施で学科、課題レポート、実技の試験になります。

当サイトで紹介してる講座の中では「たのまな」でメンタルケア心理士から准メンタルケア心理専門士、メンタルケア心理専門士の取得を目指す講座があります。

たのまなの詳細はこちら

行動心理士

日本能力推進開発協会指定の認定教育機関が行う教育訓練で、全カリキュラムを修了した方限定に受験資格がもらえ、試験に合格すると「行動心理士」資格の資格がもらえます。人の「しぐさ」から心を読み取り、そこからどのようなメンタルケアが適切なのかを判断できる能力があるるという証明の資格です。行動心理学は大学でも研究されてる学問ですので、その結果は信頼できるものとして今に生かされています。

当サイトで紹介する講座の中ではCCJで受講するのがおすすめです。

メンタルヘルス・マネジメント検定

メンタルヘルス・マネジメント検定は、大阪商工会議所、施工商工会議所が主催している試験で、働く人たちのストレスなどによる心の不調を未然に防ぎ、知っておきたいメンタルヘルスケアに関する知識や対処方法を学ぶということで作られた資格です。合格すると、証明が発行されます。

メンタルヘルス・マネジメント検定はⅠ種Ⅱ種Ⅲ種と難易度がありⅠ種が最も難易度が高く人事労務管理スタッフ経営幹部向けの資格です。

過去にはⅡ種Ⅲ種は在宅試験でしたが現在では会場試験になっています。当サイトで紹介してる講座ではユーキャンで取得するのがおすすめです。

メンタルケアカウンセラー

メンタルケアカウンセラーは、特定非営利活動法人 メンタルケア学術学会が認定している資格となります。メンタルケア学術学会が認定してる講座を修了する事で取得ができます。

「メンタル心理アドバイザー」や「メンタル心理カウンセラー」など似たような名前の資格が多くありますが、いずれも心理カウンセラーの基本となる資格にあたります。

当サイトで紹介してる講座では「たのまな」や「TERADA医療福祉カレッジ」で取得が可能です。

心理カウンセラー通信講座の料金の比較ページ