トップページ ≫ 心理カウンセラーの仕事

心理カウンセラーの仕事

心理カウンセラー

みなさんは「心が病気になった人がカウンセリングを受けに行く」なんて思っていませんか?

実は心理カウンセラーは、医者とは違い、メインは相談を聞き、アドバイスをする職種となります。さらに、心の苦しみや葛藤に対し、どう乗り越えるのかを一緒に考えたりと、精神科医には似ているものの、治療行為は行わず相談を聞いてアドバイスをするだけ、という大きな違いがあります。そのため心理カウンセラーは薬を処方したりなどということはありません。

心理カウンセラーの仕事内容

心理カウンセラーは人間の"こころ"の問題にアプローチする"心の専門家"です。患者さんとカウンセリングをし、その時や状態にあったアドバイスをしたり話を聞くなど、コミュニケーションをとるのがメインの仕事です。

現在は不登校や引きこもり、社会人のストレスやうつ、ペットロスや夫婦間の問題など、それぞれが様々な心の問題を抱えています。そこで精神科医にかかるような心の病気でない方は心理カウンセラーに相談するというような事が当たり前になってきています。

そして近年では、上記のような様々な問題に対して、それぞれの心理カウンセラーが専門的な分野を担い活躍するケースが増えてきています。

活躍の場所

学校で働く

心理カウンセラーの活躍の場所は、多岐にわたります。

イメージ的には病院、福祉施設などで活躍しているのではないか、と思われそうですが、例えば学校でも、トラウマやいじめなどで心のケアが必要な子供たち、また教師や保護者にカウンセリングをし、問題解決を探るスクールカウンセラーが増えてきていますし、民間企業でも大きい会社ではカウンセリング室が設けられたりしています。

少年鑑別所、刑務所、警察関連機関などで児童心理司・心理判定員等の公務員として働くカウンセラーもいますし、民間企業でも一般のサラリーマンの方がスキルアップのために資格を取得するケースもあります。

セラピスト?心理カウンセラー?臨床心理士?

悩むイラスト

心理カウンセラー、心理セラピスト、臨床心理士、いずれも人間の"こころ"の問題にアプローチする"心の専門家"です。

日本では沢山の心理カウンセラー系の民間資格はありますが「心理カウンセラーの資格」「心理セラピストになるための資格」というのは明確にはありません。

上記の中では臨床心理士だけは「日本臨床心理士資格認定協会」が定める資格がありますが国家資格ではありません。

臨床心理士の資格を取得するには「日本臨床心理士資格認定協会」の定める指定大学、大学院の卒業、または医師免許の所有など一般の方が受験するには厳しい受験資格があります。

当サイトで紹介してる通信講座は主に臨床心理士以外の民間資格を目指す講座です。

資格がなくても働ける?

考える

心理カウンセラーになるには、国家資格は必要ありません。とはいえ、就職の面で言うと、心理カウンセラーの資格を持っているといっても一般企業の就職に有利になるとは言えないのが、実情です。

しかしカウンセラーの募集に経験も資格もない状態で望むのはあまりにも無謀ですし、万が一就職できても、その組織に貢献ができないのは目に見えます。

臨床心理士の資格を取得すると、一気に就職しやすくなるのは事実ですが、受験資格などを考えると心理カウンセラーの民間資格を取得するのが無難と言えます。

現在では様々な講座で心理カウンセラーの知識はもちろん、実際にどのようにカウンセリングを行うのか「実践講座」も各社充実してますので、本気で心理カウンセラーを目指すのであれば利用するのが近道なのではないでしょうか。

心理カウンセラー通信講座比較はこちらから