トップページ ≫ 独学

心理カウンセラーは独学でとれるの?

独学のイラスト

心理カウンセラーを目指す方の中には、独学で勉強し、資格試験だけ受講して資格を取得したい、と考えられているかたもいらっしゃるかと思います。そこでここでは、心理カウンセラーは独学でとれるものなのかどうか、ということについて、ご紹介したいと思います。

独学で心理カウンセラー資格は取得可能?!

心理カウンセラー系の資格が気になっている方は、すでに想像はついているかもしれませんが、実は独学での心理カウンセラーの資格取得は可能です。

心理カウンセラーの資格といえば「臨床心理士」を思い浮かべる方が多いとは思いますが、こちらは指定大学の大学院を出たり、実務経験、あるいは医師であることなどの受験資格があり、受験すること自体が難しい資格です。しかしその他の民間資格は協会が認定している講座を受講し、在宅試験やレポート提出で取得できる資格がほとんどです。

その中でも一部の資格は、講座を受講しなくても会場試験で資格が取得できるものもありますので、そちらは完全な独学でも取得可能です。

会場試験の心理カウンセラー資格

会場試験で行う試験は現在あまり多くありませんが、在宅試験の資格よりも難易度が高い分、信頼度が高いのでより使える資格と言えます。

ケアストレスカウンセラーなど

一般財団法人職業技能振興会が主催するケアストレスカウンセラー、 青少年ケアストレスカウンセラー、高齢者ケアストレスカウンセラー、企業中間管理職ケアストレスカウンセラーの資格は平成29年8月よりWEB会場試験という形態をとります。

全国にテストセンターが約200会場で試験期間1ヶ月のうち希望する受験日が選べるので、特定の日にある試験に比べ受験しやすく、合否も受験後にすぐわかります。

公式テキストもあり対策は立てやすく、7割以上の得点で合格とされていますが、合格率は未公表になっています。

メンタルヘルスマネジメント®検定

大阪商工会議所、施工商工会議所が主催しているメンタルヘルス・マネジメント検定はⅠ種Ⅱ種Ⅲ種と難易度がありⅠ種が最も難易度が高い資格です。過去にはⅡ種Ⅲ種は在宅試験でしたが現在では会場試験になっています。

メンタルヘルスマネジメント®検定の合格率はⅠ種は約20%、Ⅱ種は約50%、Ⅲ種が約80%で推移しています。

Ⅰ種は年1回、例年10月に実施され、Ⅱ種とⅢ種は年2回、例年3月と10月に実施されています。

忙しい方には通信講座がお勧め!

通信講座のイラスト

忙しくて、とてもじゃないけれど通学で心理カウンセラーの資格を取るなんて無理、と思われていても、心理カウンセラーの資格をあきらめる必要はありません。

というのも、心理カウンセラーの資格は通信講座でも、在宅試験やレポート提出で十分取得できる資格だからです。

通信講座でも実務実践講座をおこなってる場合も多く、実際のカウンセリングの流れや振る舞いなども学べます。

さらに、通信講座を運営しているスクールの中には、就職サポートなどを行ってくれているスクールもあるため、安心して受講することができるかと思います。心理カウンセラーの資格のために受講をすることにきめたら、契約前に、就職サポートなどについてはしっかり聞いておくことを、お勧めします。

通信講座費用は自分への投資?

管理人のイラスト

独学を希望する方はなるべく学習の費用を節約したいかたが多いとは思います。

現在の日本経済は、「とても良い」とは言えません。けれど、資格があることで、仕事につきやすくなるというのは、昔からずっと変わっていないといえると思います。そして、日々ストレスなどで心を病んでしまう方は、年々増え続けている、といっても過言ではないのです。

心理カウンセラーの資格を取得することは、費用が高いと感じてしまうかもしれませんが、自分への未来への投資として考えてみてはいかがでしょうか?心理カウンセラーとして仕事を始めることで、投資した費用以上に戻ってくるのでは。今の時代、家族や友人など、身近な方が心に問題を抱えてしまうこともありえます。持っていて損はない資格、と言えます。

  • たのまな
  • ユーキャン
  • フォーミー